スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
油山
2013 / 11 / 15 ( Fri )
IMG_20131104_114736428_convert_20131115171043.jpg 

本当に久しぶりに山です。
一年半ぶりです。
そろそろ登ろうよ。と友人が誘ってくれました。
彼女も私を待ってくれていました。

いきなりでは自信がなかったので
福岡市内にある油山へ行ってきました。
リハビリです。
椿の木が多く生息し椿油が多く取れていたので油山。
大好きな山です。

明け方まで雨が降っていましたが
だんだんと日が射し始め紅葉を始めた木々が
美しい色を見せてくれました。

高齢の方がゆっくりと散歩をし
アスレチックで遊ぶ方も。
あんたたちもやったら楽しかよ。
と誘われてしまいました。

山に行くと体の細胞が入れ替わり
体が軽くなるようです。

麓へ降りてから
花屋さんで花を買い
喫茶店でゆっくりコーヒーを飲み
幸せな一日。
先週の連休の一日です。

スポンサーサイト
17 : 27 : 06 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京丈山 雁俣山 縦走
2012 / 05 / 01 ( Tue )
IMG_0198.jpg 

熊本県にある京丈山(1473m)と雁俣山(1315m)を
縦走してきました。
雁俣山はカタクリの花の自生地で有名です。
咲き方も個性があって楽しめます。

野生の鳥やウグイスが多く鳴いています。
肺活量がすごい鳥がいました!
途切れないんですよ、鳴き声が。

バイケイソウの葉が柔らかく多く生息しています。
花は梅雨時なんだそうです。

IMG_0183.jpg 

踏まないように。

倒れた木の下をくぐったり乗り越えたり
熊笹の道をしゃがみながら歩いたり
登ったり下ったり登ったり下ったり。
結構緊張感がある山道です。

IMG_0189_20120501152254.jpg

ときどきヤマシャクヤクが蕾をつけているところに出会います。
あともう少しみたいですよ。開花。

そしてヒカゲツツジ。

IMG_0196_20120501152236.jpg

ミツバツツジも少しだけ見ることが出来ました。

5時間ちょっと歩いて終盤
ハード系な斜面が出てきた時はちょっと叫びそうになりましたが
がんばりました。
自分が危機に直面すると笑いたくなる習性があることに
最近気づきました。

カタクリの花、かわいいですよ。








16 : 21 : 55 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
難所ヶ滝
2012 / 02 / 06 ( Mon )
2012020511420000.jpg 

寒い一週間でした。
ここのところすっかり有名になった宇美町の難所ヶ滝。
週末に登ってきました。
多くの人が登っていて静かな自然、と言うより
観光地っぽくなっています。
その分整備されていて良いのですが。

昭和の森から河原谷コースを行きました。
少し気温も上がっていたので
氷の中におたまじゃくしのように
水が流れているのが見えてきれいです。

こんな自然を市内から近い場所で見ることが出来るのは
本当に贅沢です。

2012020513140001.jpg 

ここで折り返し帰る人が多いのか
辺りが急に静かになり雪道を行きます。
三郡山と宝満山の分かれ目であたたかいお昼ご飯を。

このルートは初めての上地図を忘れてきてしまって
本当は頭巾山か仏頂山山頂から昭和の森まで降りたかったのですが
今回は無難な道で、と言う事で
もう一度滝を見ながら下山です。

お近くの方は是非一度。
でも必ずアイゼンはお持ちくださいね。




18 : 02 : 13 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
普賢岳
2012 / 01 / 31 ( Tue )
IMG_0066.jpg 

この冬、霧氷は見とかないと。
ということで長崎県の普賢岳に登ってきました。
寒い一週間だったので期待していました。

IMG_0068.jpg 

吹越トンネルから国見岳。1347m。
急で岩が多くて緊張の場所が多い道です。
頂上も狭い上人が多かったので折り返し降ります。

IMG_0072.jpg 

そして紅葉茶屋から普賢岳。1359m。
だんだんと雪が多くなっていきます。
途中会った子どもたちの長靴に
アイゼン代わりにストッキングが巻きつけてあって
可愛かったな。

IMG_0079_20120131144747.jpg 

冷たい風が強く吹きつけて顔がぱりぱりです。
しかし念願の霧氷堪能しました。

IMG_0082.jpg 

ガスがかかって遠方の景色があまり見えませんでしたが
素敵な風景です。
きつくてもこんな自然を見ると忘れちゃうんですよね。

IMG_0086_20120131144822.jpg 

仁田峠まで。
帰りは小地獄温泉に入りました。
白濁でいい匂いです。
建物も風情があって素敵ですよ。
翌日まで自分から温泉の匂いがしていました。

IMG_0088.jpg 

結構緊張気味に慎重に登ったせいか
またまた筋肉痛です。
今週も雪マークがありますね。
昨日のニュースで英彦山の滝が凍っているのが映っていました。
いいかも。











16 : 51 : 55 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熊群山
2011 / 12 / 12 ( Mon )
IMG_0012.jpg 

あれ。由布岳に登るんじゃなかったっけ?
大きな声では言えませんがひとりで勘違いです。
なんかヘンだなあ、話しかみ合ってないぞと思いつつ
登るのは熊群山。
そうよね。なんて恥ずかしい。
全然人の話聞いてない。

804.9m。
中腹には熊群神社が祀ってあります。
写真は鬼が一晩で作ったといわれる急な石階段。
階段というよりはアスレチック。
そしてその上は石の絶壁。

IMG_0013.jpg 

勘弁してください。
鎖場があるとは聞いたけどこんな絶壁とは聞いてない・・・。
だから私は注意する人に指定されてたのね。
しかしこれを登らないと道はなく
登りましたとも。歌いながら。
もちろん怖かったからです。
足はかからないし苔で滑るし腕は力が入らないし途中何度も
週1回程度のお気楽筋トレを何故もっと真面目にやってなかったんだろうと
ホントに後悔しました。

IMG_0016.jpg 

その先もずっと急な道なき道を歩きます。
視界が開けて由布岳がうっすらと見えます。
手前は城ヶ岳。

頂上への道は迷ってしまいそうな
テープが頼りの道。
そして三角点に到着。
森の中を風が渡っていく音だけが聞こえます。

IMG_0018.jpg 

そしてこのあと来た道を引き返していくのですが
急な上り坂も当然急な下り坂となり
例の絶壁も今度は降りなきゃならないわけで
一時も気を抜くことが出来ない下山となりました。

お風呂に入っていたら膝がしみるので見てみたら
両膝擦りむいてました。
以前転んだ傷もまだ黒く残ったまま。
かわいそうな膝です。

さて次はどこに登りましょうか。
筋トレはもちろん真面目にやります。
と思います。





17 : 57 : 54 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。